橋本奈々未、卒業について

2017年2月20日をもって橋本奈々未さんが乃木坂46を卒業し、同時に芸能界を引退する。ミリオンヒットした楽曲のセンターに立ち、Cancanの最新号の表紙をソロで飾り、渋谷の街を自分のポスターだらけにした人が即引退である。ここ数年でも類に見ない華々しい芸能界引退劇ではないでしょうか。

 

正直に言うと、自分は最後まで橋本さんには完全には乗り切れませんでした。というのも美貌ぞろいな乃木坂46の中でも圧倒的な美しさを誇り、ポジションは常にフロント・または福神。そしてアイドルになった理由は弟の学費のため。どうやってもスキが見当たらない。

ななみんと呼ぶだなんておこがましい・・・ でも最後に1回だけ呼ばせて欲しい ななみん・・・

卒業を間近に控えた先日(2月13日)のブログで

世の中から私はすぐに過去になってなかったものになる!もうなりつつある!わたしはそれも望んでいる!

 

まるで中原中也を彷彿させるような退廃的な世界観。1番きれいな状態で人々の前から去っていくという美しさ。ブログのこの部分だけ読むと角が立つ可能性があるので全部読んでください

花束が部屋に溢れてる | 乃木坂46 橋本奈々未 公式ブログ

 

 

過去の隆盛を誇った女子アイドル達が卒業し、その後仕事のために過去の暴露をしていたり、スキャンダルで浮名を流すく場面をよく目にします。そんな姿を見るくらいならいっそのことスパッと目の前から消えてくれた方が幻想・思い出を冷凍保存できる。


もう1回、もう1回だけ 呼ばせてほしい ななみん・・・

 

彼女の最初で最後となったシングル「サヨナラの意味」。 「制服のマネキン」・「君の名は希望」・「きっかけ」と乃木坂の中でも特に楽曲が評価される曲を作曲してきた杉山勝彦氏が作った曲で今回も勿論素晴らしい楽曲であるのだが歌詞があまりにも心をエグってくる

・サヨナラに強くなれ
 この出会いに意味がある
 悲しみの先に続く僕達の未来
 はじまりはいつだって
 そう 何かが終わること

 

・サヨナラを振り向くな
 追いかけてもしょうがない
 思い出は今いる場所に置いて行こうよ
 終わること ためらって
 人は皆立ち止まるけど
 僕達は抱き合ってた腕を離して
 もっと強くなる

 

・サヨナラは通過点
 これからだって何度もある
 後ろ手でピースしながら
 歩き出せるだろう
 君らしく

 

 

 

最後までかっこよくというその姿勢、頭では分かってはいるが、ここまでストレートに言われると・・・ という感じである。
街中で流れるBGMとしては余りにも重すぎる・・・ 街を走って逃げたくなったことは数えきれない。いまだにサヨナラの意味が分からない・・・


そして橋本さんのソロ曲「ないものねだり」

もう十分でしょう
私ないものねだりしたくない

何かを失うなら
そこまでして欲しいものは1つもない
いま持っているすべてが
私のすべてでいい

 

乃木坂46 橋本奈々未 『ないものねだり』 - YouTube

 


MVで最後パンダに乗りながらどこかへ消えていく。コスモワールドで撮影するだなんでオタクたちは横浜での握手会の時にどんな顔であそこを歩けばいいんだ。

例えば寒い冬に旭川に旅に出たとする(馬鹿か)、その旅先でたまたま入った薄暗い喫茶店。そこのカウンターの隅に座る1人の女性・・・

 

そんな感じで橋本さんにはこの世界の片隅で生きていってほしい そしてお疲れさまでした。今はそんな気分です

2016年の欅坂46

2016年と書いて「欅坂46」と読む そういっても過言ではない。 

 

プロレスを見てきた者として「AKBは新日本説」「乃木坂は全日本・NOAH説」を心の中で勝手に唱えてきた。アントニオ猪木時代から新日本プロレスは「タイガージェットシン、高島屋前で猪木襲撃」や「小川VS橋本、負けたら引退」などそれはそれは過激な仕掛けで、プロレスファンのみならずプロレスに興味が無い人にまで嫌でもその情報が耳に入る状況を作り上げた。

これにより世間からの注目を集めることに成功し現在にまで業界の盟主として君臨している新日本プロレスリング。 しかし、それにより「プロレスは胡散臭い」「ヤラセ」「バカらしい」というイメージを定着させてきたのも事実。AKBも選抜総選挙やじゃんけん選抜等で世間を巻きこみながらブームを生み出してきた。その過程で「売れてると言っても握手券があるから売れてるんでしょ」とアンチを生み出してきたのと通じる点がある。AKBはアイドル界の盟主となり、またアイドル批判の矢面に立つ役割を果たしてきた。

f:id:dankanbakayarooo:20170217152424j:image


当時、アイドルに一切の興味が無かった自分はそのブームを外から見ていて「また、しょうもないのやってんな」と思っている一方で「前田敦子1位じゃないの!?」とか「指原が1位!?」と心の中では気にしていた自分がいたのも事実。多くの人がそうだったと思います。

 

無関心・アンチをも自分の土俵に引きずり込むアントニオ猪木の、いや秋元康の掌の上ですよ 本当に。

 

 

「クラスで五番目に可愛い女の子」を集めたグループのAKBに対して、公式アイドルグループとして発足した乃木坂46は「クラスで一番可愛い女の子」を集めてきた。また彼女たちの唄う楽曲は音楽誌でも評価され、容姿・楽曲と全体的な完成度が高いグループ、それが乃木坂46のコンセプト。これは「アマレスで国体・オリンピックレベル」の選手をかき集め、そんな華々しいバックボーンを持つ選手達が試合内容を重視した激しいプロレスを魅せることを目標にした全日本プロレスと通ずるものがあるのではないでしょうか。いや、ある。

 

ジャイアント馬場は過激な仕掛けで世間の注目を得ようとしなくても、試合内容を上げることでファンは自ずとついてくると考えた。AKBと新日本が「動」のグループなら全日本・NOAHと乃木坂は「静」のグループと言える。

f:id:dankanbakayarooo:20170217152435j:image

 

となると、欅坂46はどうなるのか。もう一つしかありません。欅坂46とは「UWF
UWFとはタイガーマスクこと佐山聡前田日明藤原喜明・髙田延彦が設立した旧来のプロレスに新しい価値観を持ちこみ、熱狂を生み出したプロレス団体。


新しい価値観とは一体何なのか。

 

「プロレスってなんでロープに振ったらちゃんと戻ってくるんだよ おかしいだろ!」

 

というバッシングにUWFは「うちは違うよ」と答えた。それまで「暗黙の了解としてきたもの」それを全て取り払った矛盾のないプロレス。それがUWF

f:id:dankanbakayarooo:20170217152716j:image


一言で言うと「ガチ」(その真偽は別として)。関節技・打撃主体の先鋭的なスタイルで旧態のプロレスを論破していった。内容なんてどうでもいい。強さこそが正義。自分たちはプロレスの“強さ”に憧れてこの世界に飛び込んであったので芝居をするつもりはない。自分たちの生みの親であるあのアントニオ猪木へ反抗しました。

 

自分たちが信じてついてきたものが「虚」だったのであれば、自分達が「真」を生み出せばいい。まだ誰もやってきていない事をやる。

“先行く人が振り返り 列を乱すなと
ルールを説くけど その目は死んでいる

君は君らしく 生きていく自由があるんだ
大人たちに支配されるな
初めからそう諦めてしまったら
僕らは何のために生まれたのか

夢を見ることは時には孤独にもなるよ
誰もいない道を進むんだ
この世界は群れていても始まらない
YESでいいのか
サイレントマジョリティー“

 

まさに”革命”です。(実際にはUWFは旧来のプロレスとは本質的には同じだったというのは置いておいて・・・)

UWFには前田日明という強いオーラを持つ個性の塊がいた。欅坂46には平手友梨奈がいます。

有明のライブのオープニングで平手は「有明かかってこい」と叫びましたが、私にはUWF旗揚げの際に前田が言った一言「選ばれし者の不安と恍惚二つ我にあり」に聞こえてしまいました。そんなわけないか。ないな。


両者の共通点はそこにいるだけで絶対的な存在感を発することが出来る事。そこにいるだけでグループ全体の絵を作る事が出来る彼女は中学生とは思えない、もはや超人です。私は中3のころホッカイロでのキャッチボールにハマっていた。

 

 

欅坂46はただのアイドルとは違う。これなら世間の声を黙らせることが出来る」オタクたちをそのような心理にさせてしまうのもUWFと似ている

 

しかしUWFは崩壊していきました。あまりにも理想が高すぎた。理想を追い求める者、妥協し生きていくことを選ぶ者。こうして団体は分裂していった

 

 

欅坂46サイレントマジョリティーで“反抗”“革命”を打ち出したが「世界には愛しかない」「二人セゾン」ではその影を感じさせない楽曲でした。私たちがその移り変わりに戸惑っているのをお構いなしに欅坂46は前へと進んでいる。 

 

欅坂のメンバー全員が同じ方向を見据えて前進するチームとしての美しさは、メンバーのソロ活動が増えてきた乃木坂ではもう見ることができないものかもしれません。”革命”というカラーが薄まってもこのチーム力こそが欅坂の一番の強みかもしれない。

 

昨年、流行語に「神ってる」が選ばれました。いまだに「神ってる」という言葉を会話に織り交ぜている人を見たことがないです。そもそも「神ってる」とはどのような意味なのか。どう使うべきなのか。

言葉の発端は広島カープ鈴木誠也の3試合連続サヨナラ打でした。誰もそんなシーンを見たことが無かった。鈴木誠也は自分のバット1本で新たなシーンを作り出したのです。


「神」の動詞ということは「新たな世界を構築する、まだ見たことのない景色を見せる」と置き換えることが出来るのではないでしょうか。
そう考えると今年私たちは「神ってる」場面に何度も立ち会いました。もちろん25年ぶりの広島カープ優勝も当てはまる。イギリスのEU離脱・トランプ大統領誕生、これも新しい景色です。
プロレスに目を向ければ内藤哲也IWGP戴冠。2年前の大阪でベビーフェイスにも関わらず大ブーイングを浴びた内藤哲也が、「内藤~」という小学生の歓声に振り向いたら中指を立てられたあの内藤哲也が。飯伏幸太東スポ岡本記者にカモにされたあの内藤哲也が。

f:id:dankanbakayarooo:20170217121737j:image

 

メキシコで“ロスインゴベルナブレス”(制御不能)となり、すったもんだありながら両国に内藤大コールを起こした。

ファンは内藤をただ拒否していたのではない。何もアクションを起こそうとしない内藤哲也にやきもきしていたのだ。ずっと新たな動き・変化を求めていたのです。

そしてチャンピオンとなった彼は夢にまで見たIWGPのベルトを放り投げ、踏みつける。そんな新しいチャンピオンにファンは歓声を送る

 

 

 

欅坂46の登場も「神ってる」の一つにあてはまるはずです。アイドルに新たな価値観を与えた、アイドルを超越するアイドル「ネオ・アイドル」の登場。デビュー8ヶ月での紅白出場の快挙を「神ってる」と言わずしてなんと言うのでしょうか。教えてください。

 

2017年、欅坂46は私たちにどんな景色を見せてくれるのだろう。この先に何が待っているのか、いったいどんな展開になっていくかを勝手に想像するのが今私にとって一番贅沢な時間かもしれない